職員紹介

個人のお客様と中小企業の頼れるサポート役をめざして 本店 平成23年入組 松井佑樹

私という人間を見てぐんまみらいを選んでもらう

入組して2年間は群馬町支店で融資業務の補佐を担当し、3年目から本店で営業係に就いています。営業係は個人、法人のお客様を回り、定期積金などの集金業務や入出金の手続を行うと共に、預金・融資の勧誘や他の金融商品の案内を行い、融資のお申し込みがあれば、組合内の稟議書を作成します。集金日には1日で30~40軒のお客様を訪問します。

金融機関の多い中でぐんまみらいを選んでいただくには、私という人間を見てもらうことが大事です。お客様や同僚からも信頼されるよう、社会人の基本を必ず守り、自分の仕事に責任を持って迅速にこなすことを心がけています。じつは入組1年目に、営業から頼まれた融資稟議書の本部送付が1日遅れてしまい、お客様に大変ご迷惑をかけてしまったことがあり、仕事の責任と迅速さを肝に銘じました。

地元経済を支える中小企業の力になる

やりがいを感じるのは、住宅資金、教育資金、マイカー資金など、その人の生活と人生の中で資金を必要とする場面で、自分の仕事を通してサポートができたときです。また、中小企業の資金繰りや設備投資への融資によって、地元経済を支えている中小企業の力になれることは大きなやりがいです。

ですから、本店に異動して営業係として初めて自分の提案した融資が実行となったことは、入組以来の一番うれしい出来事でした。反対に、数カ月かけて書類を整えやっと融資の決済が下りた案件が、お客様のご都合と条件の相違で融資実行できなかったという残念な経験もしました。

以前は融資補佐という書類での関わりでしたが、今は営業としていろいろな人と話し、いろいろな考え方のあることもわかってきました。融資案件は1つ1つお客様の業種や状況も違いまし、パターンも様々です。多くの業界の知識を身に付け、融資案件に多く携わって経験を積むことで、さらに中小企業の役に立っていきたいと思います。

06:30起床・朝食・新聞を読む
08:00出勤・清掃
08:45朝礼・訪問先準備
09:00渉外活動へ
12:00帰店・集金精査・書類等整理・昼食
13:30再び渉外活動へ
16:00帰店・集金精査・稟議等作成・翌日の準備
18:00退勤
23:00就寝
ページの先頭に戻る
© GUNMAMIRAI Shinkumi Bank. All Rights Reserved.