女性活躍のための行動計画

女性活躍のための行動計画について

女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間 : 平成28年4月1日 ~ 平成33年3月31日
     
  2. 当組合の課題
    • 課題1
       採用における男女別競争倍率、男女の継続勤務年数に大きな差は見られないが、管理職に占める女性割合が低い。
    • 課題2
       管理職を目指す女性が少ない。
    • 課題3
       女性が配属されている部門が男性と比較して限定されている。
  3. 目標
  4. 管理職(課長職級以上)に占める女性職員を20名以上にする。
  5. 取組内容と実施時期
  6. 取組1:人事考課制度について見直しを図る。
    • 平成28年10月~
       27年度より導入した新人事考課制度について、部門ごとの男女間評価を検証し、男女間格差のない公正な評価となっているか等問題点を洗い出す。
    • 平成29年4月~
       上記問題点等を精査し、昇格基準を明確化する。
    • 平成30年4月~
       新しい昇格基準に基づく評価を本格実施。
    取組2:女性職員を対象として管理職育成を目的とした研修を実施する。
    • 平成28年6月~
       研修内容・スケジュールの検討開始。
    • 平成29年4月~
       スケジュールに基づき研修開始。
    取組3:女性職員が少なかった部門等(営業部門)に女性を積極的に配置する。
    • 平成28年6月~
       女性があまり配属されていない部門(営業部門)に女性を配置する上での課題の洗い出し、分析の開始。
    • 平成28年7月~
       女性営業職としての研修開始。
    • 平成28年8月~
       営業店にて訪問OJT実施。
    • 平成28年10月~
       実際に配属を実施し、定期的なフォローアップを実施。
【女性の活躍の現状に関する情報公表】(平成28年3月現在)
  1. 管理職に占める女性職員の割合:6.8%
  2. 採用した労働者に占める女性職員の割合:40.9%
  3. 男女の平均継続勤務年数の差異:63.0%
  4. 職員の一月当たりの平均残業時間:1時間

ページの先頭に戻る